国産フロロカーボンハリス/ショックリーダー|ナイロンラインメーカー fathom公式Webサイト

海上釣り堀釣行 BlueModel 5号&LEVEL 3号で必死の格闘【杉本隼一様】

以下、fathomフィールドモニター杉本隼一様のご報告内容です。
※原文ママ(ご投稿内容は未編集、原文のままです)

海上釣り堀釣行

6/6(日)
約3ヶ月ぶりに沼津の海上つり堀『まるや』へ釣行しました。

当日は朝から雨が降ったり止んだりでスッキリしない天気。
気温が上がらなかったのでレインウェアを着ても蒸れにくく意外と快適です。

朝から周りで青物がヒットするなど活性はそこそこ良さそうな雰囲気。Bluemodel 5号の道糸にLEVEL 3号のハリスを使用したウキ仕掛けで際から中心部まで丁寧に探ります。

すると、いきなりウキがスーッと沈むアタリ!直線的に走るのでマダイではなさそうです。
おそらくヒットしたのはシマアジですが、魚が大きいのか青物並みにイケス内を走り回ります。

引きが強い割に口が柔らかく、強引なやり取りが出来ない難敵シマアジ。
Bluemodelの衝撃吸収力とLEVELハリスの強度を信じてじっくり浮かせます。

正体は驚くほど太った大きなシマアジ
引きの強さも納得です。

青物の活性もかなり高く、アジや外で釣った小サバの泳がせ釣りやカツオの切身(ペースト漬)でヒットが連発。

青物仕掛けはいつもLEVEL 6号のハリスを使用しています。

この日はマダイ、シマアジ狙いのウキ仕掛けにもワラサが食ってくる交通事故が多発!

ネリエでシマアジを狙っているとたまに青物が食ってしまい、ヒヤヒヤのやりとりに…。

それでもBluemodel 5号が伝わってくる負荷を受け流してくれるので、ハリス3号でも何とか浮かせることができました。

流石にこの状況下では危険なのですぐに青物用の仕掛けに戻して追加していきます。

マダイは食いが渋いですが、誘いを入れて何とか確保。

この日の最終釣果はワラサ5匹、シマアジ2匹、マダイ2匹

久しぶりに楽しい釣行になり満足です。

皆さんもfathomのフィッシングラインで海上釣り堀の高級魚を狙ってみてください!

Bluemodel製品ページはこちら

https://fathom-fishing.com/line-bluemodel/

LEVELシリーズ製品ページはこちら

https://fathom-fishing.com/products/#level

fathom-Gold-class

fathom GOLD CLASSのメンバー一覧はこちら

fathom EXTREME 始動

fathom Extreme 始動

fathom EXTREME 始動

お得なfathom カスタマー会員募集中

fathomカスタマー会員

WEB直販価格より更にお得な会員限定価格でご注文いただけるキャンペーン開催中! 会員登録方法はこちら

fathom製品のご購入方法

fathom製品(フロロカーボンハリス/ショックリーダー、ナイロンライン)はお得なWEB直販価格でオンラインショップでご購入いただけます。

ファゾム石鯛ライン

fathom フィッシングキャップ・サンバイザー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでフォローする