高強度釣り糸(国産フロロカーボンハリス/ショックリーダー|ナイロンライン)メーカーのfathom公式Webサイト

fathom 製品一覧

fathom(ファゾム)の釣り糸

fathom 高強度フロロカーボンハリスとナイロンライン

fathomの釣り糸には

があります。fathom製品のご購入方法はこちら

fathomのLEVELシリーズ(ハリス/ショックリーダー)

国産フロロカーボンハリス/ショックリーダー fathom LEVELシリーズ

驚異の結節強度と柔軟な衝撃吸収力を併せ持った国産フロロカーボン製ハリス。
驚異の結節強度と柔軟な衝撃吸収力を併せ持った国産フロロカーボン製ハリス。

最適な「しなやかさ」と優れた耐摩耗性能・結節強度を実現した釣り用ハリス(ショックリーダー)がfathomのLEVELシリーズです。

国産フロロカーボン製ハリス fathom-Level-一覧

fathom LEVELシリーズは国産フロロカーボン100%(原糸から製造まで国内生産)の高品質ハリス/ショックリーダーです。

fathom LEVELシリーズ商品紹介映像

fathom LEVELシリーズの1号~10号までのハリス/ショックリーダーの特徴を映像でご覧いただけます。

fathom LEVELシリーズのハリス ラインナップ

fathom LEVELシリーズは1号〜10号まで号数が各種あり、状況に合わせた号数を使用することでフィールド・釣種を問わず安定した性能を発揮します。

オフショア・磯・波止など全てのフィールドにおいて初心者からベテランの方まで安心してご利用いただけます。

fathom 国産フロロカーボンハリス1号

fathom 国産フロロカーボンハリス LEVEL1(1号)

fathom LEVEL1(1号) 4lb 50m カラー:クリア。LEVEL1は超喰い渋りの繊細な場面におすすめの、アングラーの特別な引き出しとなるマストアイテムです。同一ポイントを攻め続けていると対象魚が徐々にスレて来ることにより、サシエをまったく喰わなくなるといった状況に陥ることがあります。そのような時に既存のハリスからLEVEL1などの細仕掛けへチェンジすることで、再びヒットの時合いに持ち込めるといった事例もありますので、その様な際には是非お試し頂きたい号数です。
fathom LEVEL1.5(1.5号) 国産フロロカーボン製ハリス

fathom 国産フロロカーボンハリス LEVEL1.5(1.5号)

fathom LEVEL1.5(1.5号) 6lb 50m カラー:クリア。LEVEL1.5は年無しクラスのチヌや良型口太グレも捕獲視野に入れたスリム&タフを兼ね備えたアイテムです。対象魚が真下へ突っ込んだり、不意に反転した際のトルクに対してLEVEL1.5の衝撃吸収力が柔軟に受け止めランディングに導きます。また、竿の弾力や反発力を最大限に活かしたやり取りが実現可能となります。強引な駆け引きではなく、じわじわと対象魚を浮かせてくるような重量感のあるやり取りに対して特に向いている号数です。
fathom LEVEL1.75(1.75号) 国産フロロカーボン製ハリス

fathom 国産フロロカーボンハリス LEVEL1.75(1.75号)

fathom LEVEL1.75(1.75号) 7lb 50m カラー:クリア。LEVEL1.75は磯釣りシーズンを通してLEVELシリーズの中核を担うもっともスタンダードなマストアイテムです。弊社フィールドテストにおいても50cmを超える良型のグレや60cmに迫るチヌや真鯛など数々の対象魚を手中に収めている実績の高い号数です。 竿2本程度のレンジの深い状況などでも仕掛けが安定し、サシエ先行の形を実現してくれます。深場のイサキや良型のグレには最適な号数かと思われます。
fathom LEVEL2(2号) 国産フロロカーボン製ハリス

fathom 国産フロロカーボンハリス LEVEL2(2号)

fathom LEVEL 2(2号) 8lb 50m カラー:クリア。LEVEL2は50cmを優に超える大型のグレや想定外の他魚種がヒットした際にも頼りになるアイテムです。2.5号~3号の使用で徐々に喰い渋る場面などでは是非お試し頂きたい号数です。良型の尾長グレ狙いなどで、「これ以上はハリスの号数を落とせない」と直感的に判断される境界線の号数かと思われますが、LEVEL2は60cmに迫る尾長グレや70cmを超えるアオブダイほかヒブダイなども難なく釣り上げている実績のある号数です。
fathom LEVEL2.5(2.5号) 国産フロロカーボン製ハリス

fathom 国産フロロカーボンハリス LEVEL2.5(2.5号)

fathom LEVEL2.5(2.5号) 10lb 50m カラー:クリア。LEVEL2.5は眼前足元の大型魚などを視認した際、少し強気で勝負したい心境の時、もしくはオーバーハング形状から瀬ズレが起こり得るフィールドなどの場面において、そこそこサポートを期待出来るアイテムです。針掛かりした大型魚が常に瀬ズレしながら・・・といったやり取りではさすがにラインブレイクを回避出来ませんが、少々の擦れならば何とか凌いでくれると思われます。大胆且つ攻撃的なやり取りにお勧めの号数です。
fathom LEVEL3(3号) 国産フロロカーボン製ハリス

fathom 国産フロロカーボンハリス LEVEL3(3号)

fathom LEVEL 3(3号) 12lb 50m カラー:クリア。LEVEL3はトルクフルギアタイプ2500~3000番クラスのリールをもっとも強力にサポートする「強度」と「しなやかさ」を兼ね備えています。もちろんハイギアタイプにおいても有効ですが、喰い気の立った磯際の大型グレなどには瀬ズレや締め込みに耐えるハリスの【パワー:引張強度】【柔軟な衝撃吸収力】【耐磨耗性能】が求められます。アングラーが魂を込めて磯際・シモリ際のモンスターに挑む際には是非常備しておきたいアイテムです。
fathom フロロカーボン製ハリス 4号

fathom 国産フロロカーボンハリス LEVEL4(4号)

fathom LEVEL 4(4号) 16lb 50m カラー:クリア。LEVEL4は4号とは思えないほどの最適な「しなやかさ」と優れた耐摩耗性能・結節強度を実現した釣り用ハリス(ショックリーダー)です。磯や波止などにおいて、2~3号ハリスでは手に負えない魚とのやり取りが頻発する際には是非お試しいただきたい号数です。また、船上タイラバなどで喰い渋る場面におきましては、他の乗り合い客と釣果及びヒット率に差が出る境界線の号数でもあります。適宜こっそりと忍ばせておきたいアイテムです。
国産フロロカーボンハリス fathom LEVEL5(5号)

fathom 国産フロロカーボンハリス LEVEL5(5号)

fathom LEVEL 5(5号) 20lb 50m カラー:クリア。LEVEL5はコマセカゴにオキアミを詰めて遠投するような釣法や船上から100g前後のジグやタイラバを真下に落としていくような釣法において主に使用される号数です。澄み潮などの状況下でハリス(ショックリーダー)を極力目立たせたくないような場面で特に有効とされています。リールのドラグ調整次第では80cmオーバーの真鯛やハマチも難なく獲れている実績の高いアイテムです。また、ショアからのロックフィッシュ釣果も上々です。
fathom 国産フロロカーボンハリス LEVEL6(6号)

fathom 国産フロロカーボンハリス LEVEL6(6号)

fathom LEVEL 6(6号) 22lb 50m カラー:クリア。LEVEL6は遊漁船・レンタルボートなどを利用したオフショア釣行で、ブリクラスや90cm程度の真鯛を視野に入れた号数です。水深100m程度に及ぶようなフィールドにおいてハリス(ショックリーダー)に掛かる潮流の抵抗を極力抑えたい時などに有効な糸の直径となります。大型のカンパチやヒラマサには若干心細い号数かもしれませんが、他の号数で極端な喰い渋りの際には是非チャレンジしてみる価値のあるアイテムです。
fathom 国産フロロカーボンハリス LEVEL8(8号)

fathom 国産フロロカーボンハリス LEVEL8(8号)

fathom LEVEL 8(8号) 28lb 50m カラー:クリア。LEVEL8は主に波止や磯からのキャスティングゲームに多用されます。その他、アカハタやオオモンハタなどのロックフィッシュをターゲットとしたショアグルーパー釣法などにおいても有効なアイテムです。LEVELシリーズの特徴とされる【適度なコシ】と【しなやかさ】がプラグ本来の持つアクションを最大限に引き出し、さらに【屈折率を軽減】したショックリーダーがアングラーをフィッシュバイトに導く手助けとなることでしょう。
fathom 国産フロロカーボンハリス LEVEL10(10号)

fathom 国産フロロカーボンハリス LEVEL10(10号)

fathom LEVEL 10(10号) 35lb 50m カラー:クリア。LEVEL10は沖のシモリが点在するフィールドや重めのプラグをキャスティングするゲームにおいて主に使用されています。ヒットした魚と強引にやり取りする場面や僅かに瀬ズレしながらやり取りをする局面において有効なサポートをしてくれるアイテムです。魚の強烈なバイト時も優れた「衝撃吸収力」でアングラーの負担を軽減し、柔軟に受け止めてくれることでしょう。イレギュラーな海況及び時合いに備え一つは持っておきたい号数です。

fathomの釣り糸(ハリス)の評価とおすすめ口コミ情報

ハリス・ラインの「耐摩耗性」と「引張強度」について

「耐摩耗性」と「引張強度」について

※fathomテスター/モニターの方々のフィールドレポートで、「fathomのハリス/ラインは耐摩耗性が高い」「結節強度が強い」というお声が多いのを見られて、引張強度が強い(fathomは強靭で決して切れない)という誤解をされる方がいらっしゃるようですが、「耐摩耗性能」と「引張強度」とは別のものです。

引張強度は「○号:○lb」という国内統一規格に準拠しているため、号数ごとの「○号:○lb」という規格以上の引張負荷がかかれば、どのメーカーのどの糸であれ、耐摩耗性とは関係なく、必然的にラインブレイクが生じる場合があります。

※ただし、耐摩耗性が高いことは、スレ傷からのラインブレイクを回避できる場面は増えることに繋がります。(「fathomの釣糸は強い」という表現をされている方は恐らく、「かなりのスレ傷がついたのにラインブレイクせずに済んだ」ことを指して「強い」という表現をされていらっしゃる方が多いと思われます。まれにそれを「fathomの釣糸は引張強度が強くて切れない」と誤解される方もいらっしゃるようですが、引張強度とは別のものです。)

統一規格に準拠した各号数の強度表示は「破断の目安」即ち、その表示されている数値・負荷までは耐えることが出来るという基準値です。※ライン劣化が無く、万全な状態に限り。

※「○号:○lb」というのは対象魚の重量の単位ではなく、力の単位です。

号数毎に定められた引張強度に対し、規格値以上の負荷がかからないようなタックルバランスの見極めや、各製品及び各号数に適したドラグ調整を実施するテクニックによって、ラインブレイクを未然に防ぐことがポイントです。

fathomのColor Revolutionシリーズ(ナイロンライン)

fathomのナイロンライン Color Revolution Series BlueModel

高撥水・耐摩耗サスペンドナイロンラインのfathom Color RevolutionシリーズのBlueModelを2017年12月に発売いたしました。

高撥水・耐摩耗サスペンドナイロンライン BlueModelの詳細はこちら

fathom製品のご購入方法

fathom製品(フロロカーボンハリス/ショックリーダー、ナイロンライン)はオンラインショップでご購入いただけます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう