国産フロロカーボンハリス/ショックリーダー|ナイロンラインメーカー fathom公式Webサイト

海上釣り堀とfathomのフィッシングライン【杉本隼一様】

以下、fathomフィールドモニター杉本隼一様のご報告内容です。
※原文ママ(ご投稿内容は未編集、原文のままです)

 

 

11/23(月) 沼津【海上釣り堀まるや】釣行

11/23(月・祝)、沼津の海上釣り堀まるやに釣行しました。

当日の朝は西風が強く吹き付けていましたが、出船するタイミングで落ち着いてくれて一安心。

強風で富士山の周辺にも雲はほとんどありませんでした。

※風か強いと富士山周辺の雲は吹き飛んでしまうか、流されていきます。

11月に入ってから8kgオーバーのブリを放流中で、同じイカダに乗った皆さんも気合いが入っているようです。

朝イチにいきなり隣の常連さんがブリをキャッチ。ところが、マダイやシマアジの活性が上がらず活性は低空飛行。

ここで、イカダをよく観察しているとイケスの中心部付近を狙っている方にアタリが良く出ていることに気がつきました。

同行した親父は際でミャク釣りをしていますが、ほとんどアタリが出ていません。

普段ならLEVEL2.5通しのミャク釣りタックルで勝負しますが、この日の状況では厳しいと判断。

Bluemodel 5号の道糸、LEVEL 2.5号のハリスを使用したウキ仕掛けで探ることにしました。

 

 

海上釣り堀でのワンポイント

海上釣り堀で重要なのが、魚の回遊コースや居場所をイメージしてタックルを選択することです。

イケスの真ん中に魚が集まっているのに直下でミャク釣りをしてもアタリは多くありません。

反対に際に寄っているのにウキ釣りで狙うと仕掛け操作が大変で、効率も手返しも悪くなってしまいます。

際で釣れているときにはLEVEL2.5通しのミャク釣りは無類の強さを発揮しますが、魚の居場所にエサが届かなければ意味がありません。

イケスの様子をこまめに観察することで、厳しいときでも釣果を得られます。

この日は底が見えるほど潮が澄んでいて、前日まで満員御礼が続いたことも影響しているのか魚はスレまくり。

たまにブリが泳いでいてもエサはガン無視…

マダイも食いが渋いので、釣り堀全体でバラシが多いようです。

アタリはあるのに本アタリが出ない…そんな時にはこまめに誘いを入れます。

アタリが遠いときにハリス分ほど横にスーッと引っ張るだけでOKです。

早速誘いを入れて本アタリに持ち込めました。

青物は放流タイム直後にパタパタっと3匹(内1匹は親父の釣果)ゲットできましたが、全てワラサでブリは釣れませんでした…。

それでも、まるやの魚はとても美味しいので満足です。

ブリ対策でLEVEL10をハリスに使用したのでやり取りも余裕です。

LEVELシリーズはしなやかなので、太軸のハリにも結びやすく安定した強度が出せます。

後半はアタリが完全に沈黙したものの、イケスの外で自作仕掛けを使ってカワハギをゲット。

残り30分くらいに追加のマダイをキャッチしてこの日は終了です。

最終釣果は、マダイとワラサ各3匹にカワハギ2匹でした。

数が伸びずにブリも釣れなかったので、少し悔しいですが食べるにはちょうど良い釣果かもしれません。

皆さんも、fathom製品で海上釣り堀を楽しんでみてはいかがでしょうか。

今回は出番がありませんでしたが、LEVEL2.5通しのミャク釣りは最高に面白いですよ!

fathom公式HP

https://fathom-fishing.com

fathom-Gold-class

fathom GOLD CLASSのメンバー一覧はこちら

fathom EXTREME 始動

fathom Extreme 始動

fathom EXTREME 始動

お得なfathom カスタマー会員募集中

fathomカスタマー会員

WEB直販価格より更にお得な会員限定価格でご注文いただけるキャンペーン開催中! 会員登録方法はこちら

fathom製品のご購入方法

fathom製品(フロロカーボンハリス/ショックリーダー、ナイロンライン)はお得なWEB直販価格でオンラインショップでご購入いただけます。

ファゾム石鯛ライン

fathom フィッシングキャップ・サンバイザー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでフォローする