国産フロロカーボンハリス/ショックリーダー|ナイロンラインメーカー fathom公式Webサイト

BlueModel 2号で69センチのマダイゲット!【多賀英二様】

以下、fathomフィールドモニター多賀英二様のご報告内容です。

 

1018日山口県の蓋井島に釣行!

今回は一級瀬でもある三角に上がりました。

この日の潮は大潮で満潮が1040分、干潮が1630分くらいでした。

一便で行き3時出船の13時納竿というスケジュールでした。

 

今回使用したマキエは、オキアミボイルにパン粉を混ぜたものです。

ツケエは、ボイルと生を用意しました。

狙いは尾長グレです!

 

海況は波も穏やかで風も弱く釣り日和でした。

渡礁後すぐに竿を出し様子を見ます。

潮がよく通していたので000のウキにノーガンでスタート。

大物に備えて道糸は“fathomのブルーモデル2にハリスは、レベル3″をセレクト。

竿一本先に仕掛けを投入して、20〜長くて50m流そうと決め攻めました。

棚は2ヒロからスタート!

マキエは足元に打ちました。

 

一投入目エサが残ってきました。

 

続く2投目流す距離を長くしましたがまたエサが残って帰ってきました。

そこで棚を竿一本まで下げました。

 

臨機応変! 手返し毎の微調整でHitに持ち込む

3投目流すラインは同じでしっかり仕掛けの周りにマキエをかぶせました。
ラインを少し張っては出すと繰り返して行き潮筋を捉えます。
10mほど流したところで突然、手元のラインが弾け飛び、瞬時にベールを起こしました。

初速がハンパなく、すぐにレバーブレーキを使い23mラインを出して竿を立てました!

そこからドラグを締め強気のファイト!
ハエ根の方に突っ込もうとしますがここで出したら瀬ズレすると思い、竿の胴で溜めてラインを
1ミリも出さず粘りました。
ヘッドライトで照らすとウキが見えてきました!
あと少しですが油断はせず、慎重にやりとりしました!

そして浮上してきたのは、“69cmのマダイでした!

強気なやり取りだけではなく、慎重なやり取りをも駆使しタイトな磯の真鯛を攻略

しかし、それからアタリは無くなり日が昇りました。

日中はエサ取りにヤハギがいたもののエサがずっと残るという状況でした。
手の平のクロがメインでたまに
30cm程のクロが混ざるという感じでとてもきびしかったです。

日中は、30前後のクロが多いのでラインの号数を落としました。
道糸をブルーモデルの
1.75号にハリスをレベル1.752をセレクトしました。

時折、足元にウツボや小ビラも見え少し状況が良くなりました。

 

そして満潮前になり、エサが取られだしチャンス到来!

棚を2ヒロ無いくらいまで上げ竿2本先に仕掛けを投入しました。

少し流しているとウキがジワッとシモリました。
ラインを軽く張り待っていると穂先にアタリが
すかさず合わせるとなかなかの重量!しかし竿を叩き横に走ります。
上がってきたのは小ビラでした。
その後は
30センチほどのクロや足裏のクロを釣り楽しい釣行を終えました。

 

同行者も50cm近いイサキを2枚釣りいいスタートがきれました。
今回上がった瀬も良かったですが、少しのチャンスを確実にものにできたのも
fathomラインのおかげかなとおもいます。
ワンランク下の号数にしても充分大物とやりとりができるので、みなさんも使ってみてはいかがでしょうか。

 

fathom-Gold-class

fathom GOLD CLASSのメンバー一覧はこちら

fathom EXTREME 始動

fathom Extreme 始動

fathom EXTREME 始動

お得なfathom カスタマー会員募集中

fathomカスタマー会員

WEB直販価格より更にお得な会員限定価格でご注文いただけるキャンペーン開催中! 会員登録方法はこちら

fathom製品のご購入方法

fathom製品(フロロカーボンハリス/ショックリーダー、ナイロンライン)はお得なWEB直販価格でオンラインショップでご購入いただけます。

ファゾム石鯛ライン

fathom フィッシングキャップ・サンバイザー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでフォローする