国産フロロカーボンハリス/ショックリーダー|ナイロンラインメーカー fathom公式Webサイト

気難しい秋磯もLEVELシリーズで攻略【小豆野 正様】

 

以下、fathomフィールドモニター小豆野 正様のご報告内容です。
※原文ママ(ご投稿内容は未編集、原文のままです)

 

気難しい秋磯を攻略!

全国各地でグレ釣りの釣果を聞き始めた10月中旬、地元に近い鹿児島県の阿久根大島、桑島一帯にグレ釣りに行って来ました。

 

水温は26℃とまだまだ高め。

 

近年、阿久根大島、桑島一帯はハイシーズンでも良型が釣れる事が少なく、40オーバーもあまり上がらないので修行するにはもってこいのエリアで、私も良く鍛えてもらっています。

 

上げていただいた瀬は、阿久根大島と桑島の水道にある長瀬。

 

マキエから仕掛けの準備も終わり、マキエを4~5杯撒くとおびただしい数の餌取りに、竿を出す前から戦意喪失になりそうでした。

 

 

 

 

道糸はfathomブルーモデル1.75号、ハリスはfathomレベルシリーズ1.5号といつもと同じチョイスでのスタート。

 

 

 

 

今回の仕掛けは来月の大会を見据えたいつもと違うタックルで臨みました。

 

 

まず普通に釣ってみましたが、すぐに海面が餌取りだらけに

 

餌取りの動きを意識してマキエの打ち方、タイミング、仕掛けも同様に意識して餌が残る所を探して行きますが、餌取りがすぐ集まるのでポイントを3か所作りローテーションしながら釣って行きます。

 

手前の餌取りやバリ、イスズミ、ダツ等色んな魚を掛けながらグレの居そうな場所を探しながら釣って行くと、足の早いグレが食いつきようやく一尾GET

 

 

 

しかし、後が続かず遠投をしたり浅場をしたり、またマキエの効いてない潮上を釣ったりしながらでしたが、厳しい中納得の行く釣りが出来ました。

 

これもfathomラインが活性の低いグレでも、食わせる事に特化したラインだからこその釣果だと思います。

 

今回もfathomラインが気難しい秋磯をサポートしてくれて、難しくも面白い釣行となりました。

 

強い味方になってくれる事間違いなしのfathomの道糸とハリスで、皆さんもグレを攻略して楽しんでみませんか?!

https://fathom-fishing.com/

fathom-Gold-class

fathom GOLD CLASSのメンバー一覧はこちら

fathom EXTREME 始動

fathom Extreme 始動

fathom EXTREME 始動

お得なfathom カスタマー会員募集中

fathomカスタマー会員

WEB直販価格より更にお得な会員限定価格でご注文いただけるキャンペーン開催中! 会員登録方法はこちら

fathom製品のご購入方法

fathom製品(フロロカーボンハリス/ショックリーダー、ナイロンライン)はお得なWEB直販価格でオンラインショップでご購入いただけます。

ファゾム石鯛ライン

fathom フィッシングキャップ・サンバイザー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでフォローする