国産フロロカーボンハリス/ショックリーダー|ナイロンラインメーカー fathom公式Webサイト

厳しい状況でも結果を出せるライン【杉本隼一様】

以下、fathomフィールドモニター杉本隼一様のご報告内容です。
※原文ママ(ご投稿内容は未編集、原文のままです)
 

厳寒期のチヌ狙い

1/28(水)、久しぶりに何もない平日なのでチヌフカセを楽しんできました。
 

 
知り合いから話を聞くとフグやベラなどのエサ取りが多く、本命のアタリはほとんどないという厳しい状況です。

また、食い渋りで居食いが多いので知らない内にエサだけ取られてしまうことも多い様子。

このことも考慮して仕掛けをセッティングします。

道糸は感度の良いPEで居食い対策、リーダーには不意のマダイやコブダイにも対応できるように太めのBluemodel3号を結びました。

ハリスはいつもならLEVEL1.75を使いますが、今回はLEVEL1.5で勝負します。長さは2ヒロ半ほど取りました。

ウキはいつもの3B沈めではなく、00ウキをほぼ固定にして違和感を減らす作戦です。
 

 
仕掛けを作る間にもコマセを撒いて魚を寄せておきます。
 
 

見事な戦略が功を奏する

釣りを始めると結果はすぐに出ました。
ゆっくりと持っていくアタリを捉えて1枚目をキャッチ。良いスタートです!
 

 
ここで続けばノッコミの兆しも見えますが、単発で終了…。

もう少し時間が掛かりそうです。

しばらくして、底からやや上のタナで少し緩めのドラグが出るすごいアタリが!

仕掛けの食い渋り対策が見事ハマったようです。

ゆっくりとやり取りして2枚目をキャッチ。
 

 
一気に引ったくるアタリもBluemodelが衝撃を吸収してくれるので安心。

ここまで釣り場全体でチヌが釣れているのは自分だけ。
他のアングラーにアタリがあってもおかしくない状況なのですが…

仕掛けやオモリの微調整など細かいところで反応が変わってしまうようです。
 
 

状況に応じたカスタマイズで次々とチヌを量産!

当て潮になったので足元狙いに変更、居食いを捉えて3枚目をキャッチします。
 

 
居食いしていたとは思えないほど横に走りましたが、ここで焦って強引なやり取りをすれば余計に魚が抵抗してバラシの原因になります。

続けて足元を狙うとアタリがありましたが素針を引きます…。
まだ近くにいるはずなので同じ場所に流していくと再び居食いアタリが!
タイミングをみてアワセを入れると今度は掛かりました。

良い重量感でなかなか上がってこないのでサイズが良さそうです!
 
 

良型との距離を徐々に縮め、ついには年無し!

水面に現れたのは久しぶりの年無しサイズ。
計測の結果は 50cm ジャストでした。
 

 
口元を良く見てみると…
 

 
皮一枚!ギリギリセーフでした。
強引なやり取りをしていたら獲れなかったはず。

良い具合にコマセがなくなったので納竿することに。
最終釣果は年無し含む4枚でした。
 

 
周りが全く釣れない状況でも結果が出せて大満足です。

仕掛けの食い渋り対策やオモリのこまめな微調整が効いたのではないかと思います。

皆さんもLEVELシリーズを駆使して寒チヌやノッコミチヌに挑んでみてはいかがでしょうか。

LEVELシリーズの詳細はこちらのリンクからどうぞ
https://fathom-fishing.com/products/

fathom-Gold-class

fathom GOLD CLASSのメンバー一覧はこちら

fathom EXTREME 始動

fathom Extreme 始動

fathom EXTREME 始動

お得なfathom カスタマー会員募集中

fathomカスタマー会員

WEB直販価格より更にお得な会員限定価格でご注文いただけるキャンペーン開催中! 会員登録方法はこちら

fathom製品のご購入方法

fathom製品(フロロカーボンハリス/ショックリーダー、ナイロンライン)はお得なWEB直販価格でオンラインショップでご購入いただけます。

ファゾム石鯛ライン

fathom フィッシングキャップ・サンバイザー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでフォローする