国産フロロカーボンハリス/ショックリーダー|ナイロンラインメーカー fathom公式Webサイト

消しゴムで岸壁クロダイゲーム【杉本隼一様】

以下、fathomフィールドモニター杉本隼一様のご報告内容です。
※原文ママ(ご投稿内容は未編集、原文のままです)

 

9月9日、以前から聞いていたウワサを調査することに。

そのウワサとは…「消しゴムでクロダイ釣れる」というもの。

最初は私自身も半信半疑でしたが、ここのところフジツボルアーでクロダイをキャッチできていることもあり、消しゴムを試してみることにしました。

9/9と9/11の釣行をまとめてご紹介します。

 

9/9(水)

 

午前中は用事で夕方からは雨の予報。昼過ぎからの短時間ですが調査へ行ってきました。

用意した消しゴムは5種類で、それぞれ色と匂いが異なります。

この日は潮位がやや低いものの、ある程度の濁りがあるので好都合。

時間が限られているので、釣れそうな予感がする黄色(バナナの香り)と意外性に期待して紫色(ブドウの香り)の2種類で調査開始。

まずは黄色の消しゴムで深場から探りますが、今のところ反応はありません。念のため浅場も探ってみることに。

浅場の際にはカキがびっしり。

このような場所では不意にラインが擦れて傷が入ることも。LEVELシリーズの対摩耗性能が活きてきます。

台船の下にはクロダイの姿もあり、近くに消しゴムを落としてみると追いかけていきます!

しかし、食う寸前で見切られてしまいました…。

気を取り直してヘチ際をテンポ良く、丁寧に探っていきます。

すると、テンション抜けのアタリ!聞き合わせからの…ガツッと追い合わせ!

浅場なので横へ走り、締め気味のドラグがジリジリと出るほどパワフルな引きです。

焦らずにゆっくり浮かせてからネットイン。

41cmくらいですが、ついに消しゴムで釣れました!

ヘチ際での格闘にはLEVELシリーズがおすすめです!

優しくリリースして、今度は紫色の消しゴムでチャレンジ。

しばらく探り歩くとグッとショートバイト。

しかし、すぐに離されて針には掛からず…。紫色にも反応があったのでこのまま続けたいところですが、雨雲が近づき撤収です。

 

9/11(金)

 

この日も午後から調査へ。天気の心配はなさそうですが、暑いので無理せずに短時間で勝負したいところ。

この日はフジツボルアーからスタート。早速真っ黒でスリム体型のクロダイをキャッチしました。

近くに船があるので

ヒヤヒヤしましたが、LEVEL2の性能を信じて強気のやり取りでキャッチした1枚です。

幸先良く1枚ゲットしたので消しゴムにチェンジ。

直感で黄緑色(メロンの香り)にしてみました。

この日も、浅場にちらほらとクロダイの姿があるので深場のポイントから移動。

探り歩くと、フォール中にテンション抜け。消しゴムで教科書通りのアタリが出てびっくりしましたが、すぐにバシッと合わせ!

今度は銀色の綺麗な魚体が見えてきました。空気を吸わせてからネットイン、サイズもそこそこあり良い引きで楽しかったです。

消しゴムで良いアタリが出せたので満足、暑いのでこれにて納竿しました。

岸壁クロダイゲームでLEVEL2は手放せないアイテムです。

LEVELシリーズと消しゴムで新感覚の岸壁クロダイゲームに挑戦してみてはいかがでしょうか!

fathom公式HPはこちらhttps://fathom-fishing.com

fathom-Gold-class

fathom GOLD CLASSのメンバー一覧はこちら

fathom EXTREME 始動

fathom Extreme 始動

fathom EXTREME 始動

お得なfathom カスタマー会員募集中

fathomカスタマー会員

WEB直販価格より更にお得な会員限定価格でご注文いただけるキャンペーン開催中! 会員登録方法はこちら

fathom製品のご購入方法

fathom製品(フロロカーボンハリス/ショックリーダー、ナイロンライン)はお得なWEB直販価格でオンラインショップでご購入いただけます。

ファゾム石鯛ライン

fathom フィッシングキャップ・サンバイザー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでフォローする