高強度釣り糸(国産フロロカーボンハリス/ショックリーダー|ナイロンライン)メーカーのfathom公式Webサイト

fathom LEVELハリスの評価と口コミおすすめ情報のまとめ

ハリスの評価・口コミおすすめ情報

fathom LEVELシリーズの国産フロロカーボンハリス/ショックリーダーを使われた方からの評価や口コミ、おすすめ情報をまとめました。(2017年10月~11/7分 順不同)

強度やしなやかさ、ヨレの少なさ、巻きグセがつきにくい、衝撃吸収力があって切れにくい、潮馴染みが良い、当たりが出やすいなどの評価をいただいています。

結束部分の緩み(バラシ)が確実に減る

瀬戸口 祐次様
結束部分の緩み(バラシ)が確実に減るフロロカーボンハリス

fathomのハリスLEVELシリーズの 1.75号 3号 10号の3種類を使って釣りしてきました。

ハリスを少し引き出して触った感じが、凄くしなやか

他社のハリスが特別硬く作られている訳ではないんですが、まぁしなやか🎵

他の方にも触ってもらったり使ってもらいましたが、全員揃ってしなやか❗と言ってました🎵

ナイロンラインに近い感じで、実際そのしなやかさで仕掛けを組んでみると…

直結した場合、ナイロンラインとの絡みが凄く良くてしっかりとした結びとなり結束部分の緩み(バラシ)が確実に減る事が分かります❗

他社のハリスでも、結束部分の緩みでバラした事は無いんですが、fathomのハリスのしなやかさでは、安心感があります

針を結んだ時も同じで、針にハリスがしっかり馴染む感があるので、針のすっぽ抜けがまず無いです。

実際10号ハリスが最初でしたが、自宅で試しに結んでみたら、それまで使っていた他社の物とは結び易さと安心感が違いました❗

当然、3号 1.75号等は絞まりやすいので、なおさら良いのは言うまでも無いことです🎵

そのしなやかがあるからでしょうか、3号ハリスでも、浮津港で手のひらサイズのコッパグロだらけの中に極まれに25cmクラスがちらほら見えていました🐟

3号ハリスにも関わらず、見事食わせられました🎵

fathomのハリスの特徴の1つ 光の屈折率の低さが警戒心を与えず釣果に繋がった瞬間を実感させられました❗

更に光の屈折率の低さが最初に添付した魚との出会いをサポートしてくれたのでは🎵と思っています。

もう1つの特徴スレに対する強度も他社にひけを取らない仕上がりとなっていて、1.75号を使った際、脇元堤防でコロダイ50cmを足元の沈み岩の中に入られてハリスざらざらでしたが、確保出来ました❗

今のところ出せている釣果はこの程度でありますが、他社のハリスを使っていた頃より良い釣果に恵まれている感じがします🎵

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/

とても潮馴染みがよく、しかもエサ先行で流れに乗って行く感じ

秋吉洋一様

しなやかなのですが、しっかりとしたコシもあり、ノットが組みやすいフロロハリス

fathom fishingLEVEL1.5・1.75の使用感

私なりの使用感です。

1)道糸(PE)との結束

LEVEL1.5・1.75はしなやかなのですが、しっかりとしたコシもあり、ノットが組みやすかった(PEとの相性バッチリです)

2)直線性・潮馴染み

LEVEL1.5・1.75はハリスをスプールから出した時に、巻グセが付いてなく真っ直ぐな状態!!

私が今まで使用していたハリスは、スプールから出した時、巻グセがあり真っ直ぐにしようとしても真っ直ぐにはならず、そのまま針を結び仕掛けを投入すると、潮の抵抗でエサが海中でクルクルと回り、魚が違和感を感じ喰って来ない事も!!

LEVELシリーズは真っ直ぐなので、とても潮馴染みがよく、しかもエサ先行で流れに乗って行く感じがしました。

3)耐衝撃吸収性

私のチヌ釣りは、全層釣法なので浮き止めはありません。アタリの取り方は、ラインが走ったり穂先でアタリを取ります。ので、その時は魚が、エサを喰って反転して走り出しているので、合わせを入れるとハリスには凄い力が掛かっていると思います。が

LEVELシリーズの伸縮性で、取り込む事が出来ました

出典:https://www.facebook.com/

こんなに巻きグセがつかないハリスはなかなかありません

巻き癖がつき難いハリス

三原 省一郎様

台風のため今週も釣りに行けそうにありません(T ^ T) fathom LEVELシリーズのしなやかさを少しでも分かっていただこうと簡単な実験です(*^^)

  1. 写真1 LEVEL 1.5 スプールから出した状態
  2. 写真2 他メーカー 1.5 大体普通はこんな感じですよね!
  3. 写真3 LEVEL 1.5 ペンにぐるぐる巻き
  4. 写真4 他ハリス 1.5
  5. 写真5 LEVEL1.5 ペンから外した状態
  6. 写真6 他メーカー

ハリスの巻き癖の実験

写真から分かるようにほとんど巻きグセがつきません、他メーカーのハリスもしごけばまっすぐなりますが!こんなに巻きグセがつかないハリスはなかなかありませんよー

例えば、結び目を作って緩めたらキンクしますよね、ビックリLEVELシリーズは少しよれるだけ更に軽く引っ張れば まっすぐ戻りました‎|•’-‘•)و✧
次は、結束強度など実験してみます、お楽しみにー(*^^)

出典:https://www.facebook.com/

良型グレの強烈なツッコミも何なくいなせました

三原 省一郎様

しなやかさ、強度に優れると口コミで評価されるフロロカーボンハリス

小山田カップトーナメント、今年も参加してきました!初めての志布志エリア、クジは高松エリア3番 横瀬?と言う瀬に上がりました。
何とか5枚揃えることできましが、良型は1枚のみ(⌒-⌒; )44cmありましたが計2330gで撃沈⤵︎⤵︎⤵︎次は頑張ります(。•̀ᴗ-)و ̑̑✧

今回色んな方にお話できて凄く良かっです また機会あればよろしくお願いします

今回fathom、LEVEL1.5 4ヒロ馴染みはバツグンでした! 根ズレ部分は白くなる程度で強度も 良型の強烈なツッコミも何なくいなせました、ただイエローデカバンに瞬殺道糸から飛ばさされウキを2個奉納しました(* ̄ii ̄)

出典:https://www.facebook.com/

fathom、LEVEL1、75 1、5号使いましたがやはりしなやかさは抜群

自分はロングハリス多様しますが、前日リールに組み込んだハリスは全く糸クセ無く、更に直結。針結び共に結びやすい 綺麗に馴染むというか多分試してもらうのが早いかなあと思います(^-^)

出典:https://www.facebook.com

しなやかでノットも組みやすくPEにもガッツリ結束してくれます。

鷹野様

ライトゲームに最適なハリス・リーダー

ライトゲームに最適なリーダーということで今回はfathomさんのLEVELシリーズ LEVEL1(フロロカーボン1号)

ライトゲームでは1g以下のジグヘッドを投げる事もあるのでPEは0.3号。

ノットを組むときリーダー1号との組合せは強風や夜間もありかなり苦戦します。

しかしこちらのリーダーはしなやかでノットも組みやすくPEにもガッツリ結束してくれます。

ライトゲームになれていない私はこの日根掛かりが10回ほど…しかしながらストレスなく何回もリーダーを組むことができました。

この日はたまに20㎝程のセイゴもヒットし船ロープの下に何度か持っていかれリーダーがロープに触れる事もありましたがラインブレイクする事なく取り込めました。

出典:https://ameblo.jp/ktktnoktst/

魚から見えにくい角度で餌を運んでくれるようです。

南のYO-KO様

 

[ ハリスはfathom のLEVEL1.5~LEVLEL2.0 ] 3名での瀬上がりでしたが釣果には差が出ました。fathom使用の二人はコンスタントに規定サイズ25cm以上のグレを拾い集められました。

途中とんでもないアタリが有りましたが,それは道糸から飛びました!

fathomの威力・・・魚から見えにくい角度で餌を運んでくれるようです。

出典:新・釣りは気ままに汐まかせ

①キャッチフレーズに有る「最適なしなやかさ・・・に関しましては」手に取っただけで そのしなやかさを実感いたしました。柔らかいと切れやすいのではないかと不安でしょうが。最高水準の結節強度とある様に・・・結んだヶ所が強いので製品自体の伸びる強度も、耐える強度も びっくりする程のサイズの釣果では御座いませんでしたが満足するレベルでした。

②摩擦性能に関しましては、全てをライン・ハリスに頼ることは不可能だと思います。釣り人の釣り技量(竿さばき・ラインコントロール・釣り座の選び方などで)で防げる瞬間もあろうかと! 岩場の際で、沈み瀬で、魚の強烈な逃げ込みにハリスが接してしまう・・・その時状況化でfathomのハリスがお手伝いできる精一杯の事を表しています。

③水中での光の屈折率がきわめて低く、魚からより一層見えにくい仕上がりにおきましては、上記魚種の釣果画像のようにあらゆる魚が餌に食いつく状態を演出できる仕上がりだと感じました。

瀬替わりした瀬でも・・

以前より、やり取りの時間が長くなるかも・・傷は入っても釣果に結びつくかも・・ そして、今日の釣果は結節強度の高さ、柔軟な衝撃吸収力、最適なしなやかさを併せ持った最高水準の国産ハリスの、性能を確かめられた釣行となりました事を、ご報告させていただきます。次回は本格的なシーズンを迎えました「良型メジナ」でご報告できれば・・ご期待ください。

出典:新・釣りは気ままに汐まかせ

fathomハリスは当たりが出やすい

青木茂様

当たりが出やすいハリス

fathomハリスは当たりが出やすいと、私は思っています。

糸ヨレが少なく、ストレスなく仕掛け作りが出来ると思ってます。

出典:https://www.facebook.com/

圧倒的なしなやかさと伸びによるショック吸収力、特にしなやかさには驚きました

成田様

フロロハリスの強度、しなやかさの評価

比較のため他のリーダーも使いながら1ヶ月ほぼ毎日さまざま場所使用パターンで使用

使用感の感想は他社のフロロカーボンと比べまるでナイロンのような圧倒的なしなやかさと伸びによるショック吸収力、特にしなやかさには驚きました

通常テンションがない状態では少しカール状になるもののLEVELはスプールから出したときからテンションをかけてなくてもまっすぐに

そのためミノーの動きを邪魔することなく、土地柄いつモンスターサイズが来てもおかしくないので太めのラインを使うのですが、通常太いラインだと動きが悪くなる小型ミノーをためらわず投げることができます。

また他のリーダーより伸びがあるので、ルアーの食い込みがよくまた身切れやフックの延びよるバラシも軽減されると思います

シーバスゲームに関してはミノーをメインに使用するときやベイトシーバスで使用する際には特に使いやすいフロロカーボンリーダーに仕上がっています。

対摩耗性については根ズレによるラインブレイクは一度もなかったので全く問題ないと思います

しなやかなリーダーが好きな方、バラシが多くラインを見直そうと思っている方にはおすすめのフロロカーボンです(*^^*)

出典:上天草アングラーの釣行記

最後までリーダー結び直しの必要なくしなやか

成田様

しなやかなフロロハリス

さすがLEVEL、最後までリーダー結び直しの必要なく
しなやかなのでミノーの動きを殺すことなく
いい感じです!

出典:https://www.facebook.com/

どんな釣りシーンにおいても安心して使える素晴らしいハリス

鍵本忠行様

fathomレベルシリーズのハイレベルな強度には脱帽

fathomレベル1.5小粒ガン玉装着部分、道糸結束部及びハリ結束部など全く異常なし・・・驚異の結束力!

速い潮流の中でも、レベル1.5号はしっかり海水になじんで刺しえさをチヌの口元に届けてくれました。

圧巻は外道60超のボラとのやり取り、ハリスの強度を試すため、わざと時間をかけてやり取りをしてみました。

竿とラインの強さを信じて、途中竿を限界点付近まで曲げまくったり、逆に竿を寝かしてラインに負荷をかけてみたり・・・

最後は釣り人の勝利!ボラ君お疲れ様でした。

良型のボラ君もfathomレベルシリーズのハイレベルな強度には脱帽でした。

下げ潮に転流すると、刺しえの沖アミがフグの餌食になり、なかなかチヌの口元まで届かない状況・・・ここでコーンに変更。

この刺しえが本日の大当たりエサとなり、浅ダナで棒ウキのトップが勢いよく海中に消し込んでくれ、最終的には35~44までを5枚ゲット。コーンはとても食い込みがよく、チヌは喉奥までハリを飲み込んでいました。

この場合でも、ハリスにはチヌの歯等による大きなダメージはありません。

流石、fathomレベル1.5
どんな釣りシーンにおいても安心して使える素晴らしいハリスですね!使えば使うほどに味が出てきます!

出典:広島のチヌ丸 釣行記!

確かな結束力のある素晴らしいハリスです!

鍵本忠行様

結束力・強度が高いという評価のハリス

使用した感想、気づき等を書いてみます。

当ハリスと他社メーカーのラインの結束方法及び結束の強さについて

私のハリスと道糸の定番の結束方法はほとんどブラッドノットです。(下の写真はその結束状況)

ハリスの途中切れが生じた場合等には電車結びを行うこともあります。
今回、ハリス切れについてはフグにハリのチモトを噛みきられた以外は一度もありませんでした。ただ、ラインに負荷のかかる良型の魚を掛けていないのもありますが・・・・・

また、ハリスと道糸の直結部のラインの伸びや、ラインブレイクを起こすキズ等もあませんでした。

流石、fathom「驚異の結束強度」です。

当ハリスとハリの結束方法及び結束の強さ・ラインのキズ等

私のハリの結び方はオーソドックスな外掛け結び一本やりです。簡単で、時間もかかりません(私だけの思いです)(下の写真はその結束状況)

今回は、ハリのチモト部のライン損傷もなく、確実にハリをホールドし、約6時間の釣りにおいてハリのスッポ抜けは一度もありませんでした。確かな結束力のある素晴らしいハリスです!

ガン玉装着による、ラインの損傷度及び糸ぐせの有無について

今回は、ハリスにガン玉G8~Bを状況に応じて打ったり、外したりをかなりの頻度で行いました。

それがそれが・・・・

レベル1号、かなり線径が小さいラインですが、ラインのささくれや、断面の欠損等の微細なキズ等はほとんど見られません。

また、長時間使用にもかかわらず、ラインの直線性は維持されたまま、終始一度のラインのもつれもなく、快適な釣りができました。

流石、fathom「剛と柔を併せ持った最高峰の国産ハリス」です。

レベル1の全体的な感想

もう少しデカい魚を掛けてレベル1のハリス自体の強度を体感したかったのですが、私に釣れたチヌは小型(34チヌが頭で4枚)ばかり・・・・
もっともっと強い魚の引きを体感しないと、まだまだレベルシリーズの良さがわかりませんね!
次回はもっと大物を掛けて、レベル1や1.5のライン強度(合わせた瞬間の衝撃、ナイスファイトする魚との駆け引き時の衝撃吸収力等)を身体全身で感じとってみたいと思います。

瀬戸内の護岸からの釣りで今回使用したレベル1、全体的にはとてもしなやかな感じのラインですが、その内側にはしっかりとした張り感・直線性があり、とても扱いやすくどんな釣りシーンにもベストマッチする完成度の高いラインであると実感できました。

多くのアングラーの皆様にも是非使っていただきたい逸品だと思います。
獲物を確実に釣り上げるニューアイテムとして私は今後もどんどんfathomレベルシリーズを愛用していきたいと考えています。

出典:広島のチヌ丸 釣行記!

一番驚いたのは岩礁帯をタイトに攻めても根ずれしにくい耐摩耗性の強さ。

長谷部卓也様

耐摩耗性が高いと口コミで評価されるハリス

初めてfathom製品を使わせていただきましたが、一番驚いたのは岩礁帯をタイトに攻めても根ずれしにくい耐摩耗性の強さ。

今回の釣行は台風後という事から根を中心に攻めて行く釣りになったのでこの耐久性は非常に助かりました。

出典:https://www.instagram.com

まだ濁りが残る流れの速いシャローエリアでのフローティングミノーによるドリフト釣法。水中はそこらじゅう牡蠣殻だらけです。

いつものリーダーなら「さけるチーズ」のようにすぐズタズタになるが、fathom Level4はほとんど「さけない」。

小さなキズは避けられないものの1度も交換する事なく釣行を終えました。
fathom Levelシリーズまぢでビビってます!
ほんまオススメです!

fathomのLEVELシリーズは船釣りでも大活躍間違いなしです!

池田泰太郎様

船釣りにもおすすめのハリス

今シーズン初のライトアマダイに行ってきました!

自分が最も得意で好きな釣りです!
そしてfathomハリスのアマダイデビュー戦です。

(中略)

仕掛けは軽さを重視してエサを自然に漂わせるよう設計しています。
その軽さにfathomハリスのしなやかさや水中での見えにくさが加わっていい結果を出してくれると考えました。

(中略)

根に潜られて強引に引っ張りだして、おまけにハリをのまれて歯でザラザラでも取り込めました!
予想以上の強度でした!

普段は3号以下は使いませんでしたが、もしかするとfathomハリスならLEVEL2.5がアマダイ釣りにはベストかも?と感じました。

(中略)

そしてこの釣行で何より感じたのヨレのつきにくさ!

アマダイ釣りの定番外道のガンゾウビラメ、レンコダイ!
こやつらこれでもかというくらいにクルクル回転して上がってきます笑

そのせいで仕掛けがヨレてしまいます。。
しかしfathomは違った!!

もちろんクルクルはするのですが、引っ張ってヨレを直せばその状態をキープ!
その後の投入で仕掛けを回収してもキープ!

今までのハリスは直しても仕掛けを回収するとヨレヨレもしくはクルクル状態でしたので本当に驚き!!

ヨレているとエサが不自然な動きをして食いが落ちるので僕は気になったらすぐに仕掛けを変えるようにしています。

なので1度の釣行で仕掛けを10個以上使うことが多いですが、今回は7個でした。
それでも人よりは多いかもしれません。笑

個人的には釣果の差は誘い等のテクニックはもちろんですが、いかに長く魚にとって食べたい!と思わせるエサを漂わせられるかも重要なポイントだと思っています!

ヨレを直してる時間や仕掛けを変えている時間がもったいないです。
その点、今回はそのようなロスも少なくfathomハリスに大満足の釣行となりました。

(中略)

HP等は磯釣りや波止、ルアーゲームの釣果が多めですが、fathomのLEVELシリーズは船釣りでも大活躍間違いなしです!

出典:なんでも釣り日記

結束3週目ですが、まだまだ元気なライン

馬場様

3週間つけっぱなしの10号ハリスの評価

平日仕事帰りの釣行。夕方からの1時間程度のまずめ狙い。

タックルはヒラタックル、PE1.5号、青物狙いのためレベル10を使用。
レベル10付けっ放しで3週間です。

いつもは潮がよく効くポイントですが、潮回りが微妙、潮止まり直前ということもあり、いまいち潮が効いてない様子。
ヒラタックルで130mm前後のトップルアーを投げていましたが、潮が効いてないのでジグに変更。暗くなっていくのでカラーはグローが入っているカラーを使い、早いテンポで誘うとショートバイトが連発。合わせを入れると抜ける感じでした。

その後もショートバイト続きますが、ジャークのテンポをイレギュラーにするとしっかりフッキング。
40cm超えるくらいのネリゴ(カンパチの若魚)でした。

根ズレするようなハードなポイントでもないためスレ等のトラブルもなく楽に取り込むことができました。

また、結束3週目ですが、まだまだ元気なラインでした。ただもうそろそろ気分的な問題で巻き替えます。持ちが長くて重宝してます。
今夜の晩ご飯、確保です!

沈み根にズリズリ擦られたんだけど、ブレイクする事なく難なくランディング

清水様

fathom LEVELのハリスの評価 ヨレが少ない

手前の沈み根にズリズリ擦られたんだけど、ブレイクする事なく難なくランディング。

もちろん擦られたリーダーには傷があったんだけど、ヨレはほとんど見られなかった。

これって、すごく僕には重要な事で、
アップクロスから流す事が多い為、ラインにルアーのテンションが掛かるか、掛からないかで流すので、リーダーのヨレがバイトの瞬間にノイズとなり時間差が生じる事があるんだけど、時間差が生じた分、アワセが遅れたり、バイトを感じなかったりと、釣果を大きく左右する事があるんだよね。

乗らないバイト…
多発した時は、少しリーダーのヨレを気にしてみたら良いかも知れません。

出典:Pleasant days

かなりしなやかで根の荒い磯でも根ずれにも強かった

鈴木庸浩様

fathomハリスの評価 青物ゲーム 愛媛県松山沖

今回fathom のレベル8を使って青物に挑みましたが、いままで使ってた物よりもかなりしなやかで根の荒い磯でも根ずれにも強かったです( ◠‿◠ )

ジグにまとわりつく水流の変化にも感度が良く手元にビンビン伝わってくる程で、しなやかだけど ちゃんと張りがあり効果は絶大でした\(//∇//)\

出典:https://www.facebook.com/

 

使って感じるfathom LEVELのハリスの3つの特徴

fathom LEVELのハリスの3つの特徴 ヨレが少なく、耐摩耗性があり、衝撃吸収力がある

Fujii Yuto様

ヨレが少なく、巻きグセがつきにくいので、ラインとハリスを結びやすく、時間のロスが少なくて済む

水面でからまらず、潮に乗る感じでハリスが伸びていってくれる

あまりたるまず、衝撃をハリスが吸収してくれて切れにくい

など、fathom LEVELハリスの3つの使用感を動画で解説されています。

fathom LEVELハリスシリーズの詳細はこちら

fathom 製品一覧

fathom製品をYahoo!ショッピングで見る

fathom製品を楽天市場で見る

fathom製品をAmazonで見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう