高強度釣り糸(国産フロロカーボンハリス/ショックリーダー|ナイロンライン)メーカーのfathom公式Webサイト

Blue modelで広がる釣り!【吉田雄二様】

以下、fathomフィールドモニター吉田雄二様のご報告内容です。

※原文ママ(ご投稿内容は未編集、原文のままです)

 

Blue modelで広がる釣り!

Blue model。これショックリーダーに本当にいいと思います

なぜPE釣法かというとぼくは磯でグレをメインターゲットにフカセ釣りをしています。そこで自分の釣りをもっと広げたく追い求めたい。そう思い行動に移しました。

ですがPEを使用するにあたりメリット、デメリットをずっと考え、レベルシリーズを直結するか悩んでいたところに磯スペでプロの方がナイロン道糸をショックリーダーに使ってたのをみてこれは!と思ったので使用すると見事狙い的中!?

というかまぁ思っきりパクリですが笑

  1. まぁ僕なりの考えとして、なぜ専用ショックリーダーじゃなくナイロンがいいなとおもい使用したかというとハリスをそのまま使用すると伸びの少ないフロロでは合わせ切れや竿が伸されやすいのでは?という疑問を持っていました。そこでナイロンの伸び、Blue modelの特性である耐摩擦性能、相反するしなやかさ、強烈な合わせにも対応する衝撃吸収力!これは使える!

普通、ナイロンは大きくアワセを入れると劣化や傷、強いショックでアワセ切れなど起こすのですがぼくはBlue modelを使い始めてから確かにアワセ切れなど起こしたことがありません!

前にどれだけもつか試したところ1ヶ月で5回釣行し5回目には40オーバーのサンノジの強烈な引きも糸を一切出さず止め切ることが出来ました^_^

そこから信頼性抜群です!

そこで試してみるに至り、僕の強引なやりとりでも切れることないし、ラインメンディングも簡単!

いいことずくめ!

使用し始めてBlue modelのお陰で全然アワセ切れなど起こらず快適に釣りが出来ています^_^

とは言っても他のラインで試した事は無いのでこれ一択!とは言えませんがぼくなりに自信を持ってBlue modelをオススメできるぐらいの結束強度、ショック吸収があると思います^_^

そして専用じゃなく普通の道糸に用いられるナイロンをオススメするのが150メートル巻きなのです。
ぼくの例でいうと1度に10メートル使っても150メートル巻きなので15回つかう事が出来ます^_^お小遣い制には経済的!

1回ずつが巻き替えても15回新品の状態で使用でき、強度の心配する必要がなくなります

これもコスパにつながりバラシの減る、釣果につながる要素でになるとおもってます
毎回新品のラインを使えると思えばいいですよね^_^

これはフカセに限らずルアーの方も使えると思います!
もしこれからPE釣法をしようと思ったり気になっている方はBlue model!オススメですよ!

お得なfathom カスタマー会員募集中

fathomカスタマー会員

2018年12/31までWEB直販価格より更にお得な会員限定価格でご注文いただけるキャンペーン開催中! 会員登録方法はこちら

fathom製品のご購入方法

fathom製品(フロロカーボンハリス/ショックリーダー、ナイロンライン)はお得なWEB直販価格でオンラインショップでご購入いただけます。

ファゾム石鯛ライン

fathom フィッシングキャップ・サンバイザー

  • 送料:全国一律540円※1配送で商品代金7000円以上で送料無料
  • クレジットカード決済/銀行振込(先払い)/代金引換(代引手数料350円)
  • ご注文当日~3営業日以内に発送いたします。※銀行振込の場合は入金確認後の発送になります。
  • fathom製品をオンラインショップで見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう