国産フロロカーボンハリス/ショックリーダー|ナイロンラインメーカー fathom公式Webサイト

小名浜夏の落とし込み釣り開幕【滝沢大輔様】

以下、fathomフィールドモニター滝沢大輔様のご報告内容です。
※原文ママ(ご投稿内容は未編集、原文のままです)

水中での反射低減というライン特性を有効活用!

小名浜共栄丸様にて第2西防波堤の6番に渡船し実釣いたしました。

前回釣行した際から、この堤防をマークしていたのですが、理由は乗っ込みアフター後の夏の黒鯛釣り開幕とはいえ、まだ浮いている個体は少数で食い渋り対策の為に、底釣り中心の手返し勝負になると考え、水面直下から着底までを効率良く探れる水深8メーター前後の通称八崎前を選択しました。

小潮周りの素直な潮であるので、一般的な上層狙いの仕掛けで上層を落としつつも、そのまま着底までを狙う短竿による全層狙いの釣りです。

タックルは短竿3メーター35センにタイコリールをセット

一般的なヘチスタイルです。

仕掛けは道糸蛍光ラインにハリスはfathomのSelection1.2針はオーナーの手研ぎチヌ2号をセットし、軽めのジンタン2号を打ちます。

餌はイガイの繊維がけ。
上層に浮く食い気のある個体の黒鯛にアピールしつつも、まだまだ喰いが浅い底に潜む食い渋りの黒鯛にも、細ハリスの仕掛けで針も餌も極小の物を吸い込ませてかけてしまうようなイメージの釣りです。

釣り開始です。

上層に浮く黒鯛の影は見えませんが、それでも2ヒロ程度に神経を集中させつつ、中間層から着底までを刻みと呼ばれるような誘いを一切せずに自然落下で狙っていきます。
着底の瞬間だけは見逃さないように気を配ります。

着底(ストップアタリ)で1枚目がきました。
小名浜沖堤郡の中では浅めの水深とはいえ、底でかけると水圧もかかり、根から引き離す為に多少強引なやりとりをしますことから、ハリスへの負担が懸念されますが、fathomハリスならその心配は解消され、思い切ったやりとりが可能となります。

2枚目も底できます。

サイズアップし40センチ代後半の大型で、これもある程度の強引なやりとりをしましたが、何の問題もなく余裕を持ってキャッチできました。
私の場合は上層の浅ダナを細ハリスの落とし込みに使用していますが、その時の潮や状況によって、上層狙いの仕掛けをそのまま、底釣りに流用させて釣ることも多いことから、ハリスの強度は絶対条件です。
その点ハイエンドモデルでありますfathomのSelection1.2であれば心配は皆無です。

今回の釣行もfathomのSelection1.2の特性である低屈折率と最高の強度によって、まだまだアタリの少ない貴重な小名浜の黒鯛をかけることができ、無事に釣り上げることができました。

fathom-Gold-class

fathom GOLD CLASSのメンバー一覧はこちら

fathom EXTREME 始動

fathom Extreme 始動

fathom EXTREME 始動

お得なfathom カスタマー会員募集中

fathomカスタマー会員

WEB直販価格より更にお得な会員限定価格でご注文いただけるキャンペーン開催中! 会員登録方法はこちら

fathom製品のご購入方法

fathom製品(フロロカーボンハリス/ショックリーダー、ナイロンライン)はお得なWEB直販価格でオンラインショップでご購入いただけます。

ファゾム石鯛ライン

fathom フィッシングキャップ・サンバイザー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでフォローする