高強度釣り糸(国産フロロカーボンハリス/ショックリーダー|ナイロンライン)メーカーのfathom公式Webサイト

LEVEL 10で春シーバス【佐藤巧様】

以下、fathomフィールドモニター佐藤巧様のご報告内容です。

 

春のランカーシーバスどこ。。。

そんな事を思いながら釣りに勤しむ今日この頃。
確実にシーバスが釣れるパターンは見つけてはいるものの、ランカーは釣れない。
サイズも60cm〜50cmと小さい。
ビッグベイト縛りでやってみたいが、使えるビッグベイトが無い為に断念。笑
ジョイクロのスペアテール補充しないとなぁ。
と考えつつ、ホームリバーに出撃。
今回の状況
潮回り:小潮の満潮2時間前
ベイト:マイクロベイトや大小様々なボラ
水色:ささ濁り
釣行開始時:ナイトゲーム
天気:晴れ
最初に入ったポイントは本流と水路の合流地点
ルアーはスイッシャー系からスタート。
流れのヨレなどを探るが反応が無いので移動。
次に入ったポイントは水門
水門の手前をカショカショとペラの小気味よい音を鳴らしながら丁寧にトレースするも反応無し。
ここでルアーを現在えこひいきNo. 1のフローティングミノーにチェンジ。
もう一度、本流と水路の合流地点に戻りフローティングミノーで探って行く。
んが、反応無し。移動。
次のポイントはインレット
何度かルアーを通すが反応無し。インレットは粘っても仕方がないので移動。
読み通りの展開。
シーバスが居心地の良い場所を撃つ釣りに変えると、ドグッと鈍いアタリと共にロッドが曲がった。ギラッと魚体が光りながら上昇してきた。直ぐに取りたいと思ってしまい雑なファイトになった途端、ぴょーんとルアーが吹っ飛んだ。バレた。
60後半ぐらいのシーバスだった。
狙ってるサイズじゃ無いが最近のアベレージよりデカイ個体だったので反省。
場荒れしてしまったので少し移動して釣りを再開
丁寧なファイトをしようと心で唱え続けながら、流れがヨレている場所を撃っていると、カツン!と手元に手応えが来た。
しっかりをフッキングを決めて丁寧なファイトで暴れる魚を浮かせる。
水面間際でフックがもう一本アジャストして、グッと重みが増えた。エラ洗いを躱しつつ、魚をいなし、フィッシュグリップを魚の顎に撃ち込んだ。。。上がって来たのは最近のアベレージを大きく上回る73cmのシーバス。
ランカーでは無いものの、メチャクチャ嬉しい一本。ベイトが豊富な現在を象徴するコンディションの良い魚体。
リリース前に計量してみると
余裕の3kgオーバー
大型個体もこのパターンで良いのかも。
そんな事を考えつつ、河口付近に移動して釣りを再開
護岸側をトレースしていると回収間際、パシャっとバイト
ええぇ。。。やっぱりビッグベイトだけでやろうかな。。。
元記事はこちらから
今回使用したLevel10はこちらから

fathom製品のご購入方法

fathom製品(フロロカーボンハリス/ショックリーダー、ナイロンライン)はお得なWEB直販価格でオンラインショップでご購入いただけます。
  • 送料:全国一律540円※1配送で商品代金7000円以上で送料無料
  • クレジットカード決済/銀行振込(先払い)/代金引換(代引手数料350円)
  • ご注文当日~3営業日以内に発送いたします。※銀行振込の場合は入金確認後の発送になります。
  • fathom製品をオンラインショップで見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう