高強度釣り糸(国産フロロカーボンハリス/ショックリーダー|ナイロンライン)メーカーのfathom公式Webサイト

fathomLEVEL6 超メタボシーバス【相良真一郎様】

以下、fathomフィールドモニター相良真一郎様のご報告内容です。

 

昨日、短時間釣行のデイゲームでホーム河川に浸かって来ました。
この日は中潮で満潮が19時過ぎ。
ホーム河川に14時30分に到着。着くと車が3台止まっている。
この日は用事があり16時までしかできないので急いで準備し河川敷を降りる。
下流に2名、上流に1名先行者の方が実釣中。
自分はいつも上流でやるので上流に入られている方に挨拶を済ませ更に上流に登る。先行者の方に状況を伺うもダメとのこと。

自分がいつも入るポイントが空いている。自分がいつも入るポイントは激浅ポイントでボトムもゴロタ石ばかりの地形が荒いポイント。
その為か皆ルアーをロストするのを恐れ中々入る者はいない。
激浅ポイントなのでシーバスが入っていない時もあり状況をいかに上手く把握するかがこの場所のキーになる。

上げ潮がゆっくりとだか確実に上げてきている。
いきなり入水はせずに水面を観察してから立ち位置を決める。
上げ潮と共にボラの大群が押し寄せて来る。今だ。そう思い入水。
普段より濁りも入っており、いかにもという雰囲気。

デイゲームなので鉄板の13gをチョイス。
カラーは濁りが入っている為、シルエット重視のパール系に背中にオレンジのマーカーが入っているカラーを選択。
早巻きのリアクション狙いでゲームを組み立てる。
ボラが溜まっている皮一枚下のコースを通すイメージで鉄板を早巻きする。
時々ボラに触れる感触がある。
キャストし始めて30分ほどした時、ブルブルブルブル…

ドスンっっ!!と重々しいハードストライク。
一気にロッドが絞り込まれる。合わせを2回入れる。
掛けた魚は上流に向かって一気に入る。
ドラグがジーッッと言う音と共に一気に出される。
水深は激浅、おまけにボトムはゴロタ石。

しかしfathomのラインなので安心してやり取りする。
慎重かつゴリ巻きで寄せる。3分程でランディング成功。
上げてみるとホーム河川では希にしか見られない超メタボシーバス。
ホーム河川は長いシーバスは良く出るかガリガリな個体が多い。

ホーム河川で超メタボなシーバスを取るのはランカーを取るよりはるかに難しい。そんな中デイゲームで自分の狙ったポイントで出せた一本。
サイズは70センチでしたがとても価値ある一本でした。

やはりたらふくボラを喰ってる魚体は引きもパワフルで楽しませてくれます。
やり取り中に何度もボトムに擦られましたがリーダーには致命的な傷は全くありませんでした。

fathomのラインの耐久性には驚かせられます。
fathomのラインだからこそこのポイントを攻めれる。
何故かと言うと掛けてもラインブレイクせず取れるから。
そのくらい信用しているラインです。最高の相棒ですよ。

お得なfathom カスタマー会員募集中

fathomカスタマー会員

2018年12/31までWEB直販価格より更にお得な会員限定価格でご注文いただけるキャンペーン開催中! 会員登録方法はこちら

fathom製品のご購入方法

fathom製品(フロロカーボンハリス/ショックリーダー、ナイロンライン)はお得なWEB直販価格でオンラインショップでご購入いただけます。

ファゾム石鯛ライン

fathom フィッシングキャップ・サンバイザー

  • 送料:全国一律540円※1配送で商品代金7000円以上で送料無料
  • クレジットカード決済/銀行振込(先払い)/代金引換(代引手数料350円)
  • ご注文当日~3営業日以内に発送いたします。※銀行振込の場合は入金確認後の発送になります。
  • fathom製品をオンラインショップで見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう