高強度釣り糸(国産フロロカーボンハリス/ショックリーダー|ナイロンライン)メーカーのfathom公式Webサイト

fathom LEVELシリーズ【鈴木知直様】

以下、fathomフィールドモニター鈴木知直様のご報告内容です。

 

普段使わせていただいてるメーカー様のハリス(ショックリーダー)について真剣に語ろうかと…。笑

まずはじめに。
fathomとはどんなメーカー?

fathom(ファゾム)とは水深を測る単位であり、「尋(ひろ)」という意味です。

1尋(ひろ)は、両手を左右に伸ばしたときの指先から指先までの長さを基準にし、1尋は5尺(約1.515メートル)~6尺(約1.816メートル)とされています。

日頃からハリス1ヒロ、2ヒロ・・・などとアングラーには非常に馴染み深い言葉で、主に釣り糸の長さや水深を表す慣用単位として古くから用いられています。

フィッシングメーカーfathom(ファゾム)は、夢サイズを追い求める方々を始め、休日の波止でノンビリと釣りを楽しむ方々など、釣種・魚寸の目的を問わず、すべてのアングラーが各々の価値観で喜びを感じられる製品をご提供して行きたいと考えております。

アングラーに寄り添い、アングラーと共に思い出に残る釣りを可能にしてくれる製品を提供しているのです!!

そしてまずパッケージを開け、ハリス(ショックリーダー)を出すと中には…,

このたびは数あるハリス製品の中から弊社製品を選んで頂き大変感謝致します。
fathom(ファゾム)はまだまだ無名のメーカーですが今後お客様が釣り上げられる数々のメモリアルフィッシュと共に歩んでいけることを心より願っております。
お客様の好釣果と釣行のご安全をfathomスタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。
お買い上げ誠にありがとうございました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

こんなにも丁寧にアングラーサイドに気を配ってくれている(T ^ T)
1人の人間として、そしてアングラーとして心になにか突き刺さる思いです。

そして!!
1番大切な使用感。
(爽やかイケメンなりの使用感になります。)

まず最初に求めていたのは『強度』と『感度』

これはどんな釣りにも当てはまります。
強度と感度だけなら良い製品はたくさんあると思います。
このリーダーを始めて手にして、PEラインと結束した時は感動しました。
強く、そして柔らかくPEラインと絡まってくれるイメージです。
1番弱くなり、不安のある結束部。
なんの心配ない感じです( ̄▽ ̄)

いざ、実釣。

真冬の釣りからスタートしました。
流すだけがメインです。
極寒期。
ルアーをいつものように流します。
その日始めて2桁のシーバスを手にしました。
釣れている時、リーダーを替えたりもしました。
ですが、なぜかfathomリーダーを使用している時とバイトの出方が違う。
これが水馴染みの良さ。
ルアーを生かすも殺すもアングラー次第。
いや、リーダー次第なのでは?!!

こんな大切な事に気付き、今では手放せない製品です(о´∀`о)
僕はシーバスがメインターゲットなのですが、他の釣りにも同じ事が当てはまるのでは?

そして摩耗性。
これ、結構大切で僕が通っているポイントは牡蠣瀬や、急なブレイクがあります。
擦られる事もありますし、時には強引なファイトも必要です。
もちろん同じ場所をずっと擦られるとどんなリーダーでも切れてしまいます。
が、多少傷が入る程度ならしっかり魚をキャッチ出来る『耐摩耗性』

そして、フロロカーボンなのにしなやかな仕上がり。
強引なファイトしてる時無理に引っ張り過ぎて切れてしまったり身切れしてしまう事も( ̄◇ ̄;)
ですが、フロロカーボンの感度はそのままにナイロンに近い伸びで浅いバイトはもちろんですが今までキャッチ出来なかった魚に出会うことが出来ました!!

ハリス(ショックリーダー)に悩んでいる方。
釣果を今より上げたい方。
これから釣りを始めようと思っている方。
少し興味が湧いた方。

是非ご一緒に思い出に残る釣りをしましょう!

騙されたと思って使ってみてください。
騙されるのは魚ですから。笑

https://fathom-fishing.com/
疲れたのでこの辺で!!

では、また!!

fathom製品のご購入方法

fathom製品(フロロカーボンハリス/ショックリーダー、ナイロンライン)はお得なWEB直販価格でオンラインショップでご購入いただけます。
  • 送料:全国一律540円※1配送で商品代金7000円以上で送料無料
  • クレジットカード決済/銀行振込(先払い)/代金引換(代引手数料350円)
  • ご注文当日~3営業日以内に発送いたします。※銀行振込の場合は入金確認後の発送になります。
  • fathom製品をオンラインショップで見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう